スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by ナースマン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
奥香肌峡
 2006.04.29 Sat
written by ナースマン
昼ごろに東氏、やーさん、岩本氏で香肌上流エリアにいく。前回の宿題を片付けてその右横の課題をやーさんが提案。上部のスローパーがつるんつるんで非常に面白い。キーとなる親指のかかりが東氏いわく、bite(噛み付く)といった感じらしい。岩本氏は神経の痛みをこらえつつも非常にパワフルな登りである。東氏はトレーニングなしに本番はめっぽう強い。「冬眠から目覚めた熊」が最も適しているであろう。




も少し上流でまたマントル発見。ならば登らないと仕方ない。
その後下流に向かって歩いて目ぼしい課題を探す。だいぶ下ってきてようやく発見。みんなマントル課題でパワー吸われて非常に動きが重々しい。対岸に薄かぶりのプロジェクト発見。これが悪い・・・。2段いや3段くらいはあるだろうと噂する。デッドで飛びつくカチがあるが剣山のようである。
勝手に登って勝手にネーミングしているが、これは仲間内での課題識別をするためなのでクレームは勘弁してください。もし名前があればコソッと教えてください。
スポンサーサイト
22:51:07 | 奥香肌峡 | comments(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

小川山| HOME | 奥香肌峡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。