スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by ナースマン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
笠置
 2006.04.01 Sat
written by ナースマン
岩本氏、梶田氏とともに行く。宿題の「黄色い博多」に取り付くとあっさり一撃で始末することができた。嬉しい。「日本100岩場」を見ると上流に「バグダットカフェ」なる課題があることを発見し、早速触りに行く。三人でせっせとムーブを練って解決した。
20060402013041.jpg

20060402013051.jpg

20060402013100.jpg

20060402013110.jpg

最後のマントルが高さもあり面白い課題だった。全員クリアして浮かれポンチで「登り方忘れました」へ行くが全員離陸できず。
うなぎで岩本氏と梶田氏が燃焼。その後うなぎ付近のちっこい岩で梶田氏がトラバースを始めて苦しんでいたので面白半分に触ると全員はまる。手が腫れ上がるまでスローパーを叩いてトラバースしてマントルを這い上がるのだ。妙にテンション上がって変な笑顔になって半ばやけくそ。クタクタで下流に戻って「赤い狐」の再登を狙う。何とか登って、もすこし下流の「カヤック」を探してみる。あるではないかカチカチ課題。梶田氏と触るがヨレヨレでチーン。宿題決定。




スポンサーサイト
23:57:43 | 笠置 | comments(2)
comment

「黄色い博多」おめでとう!
それにつけても、ブルガリアン・ヴォイス…。
by: しん | 2006.04.02 12:19 | URL | edit

「赤い狐」も「黄色い博多」もへばりつく感じがお気に入りになりました。指に悪い課題百選にエントリーされています。ブルガリアンヴォイスを知っているなんて通ですな(笑)宗教的な不気味さが好きなんです!
by: みや | 2006.04.02 20:01 | URL | edit
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

笠置| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。