スポンサーサイト
 --.--.-- --
written by ナースマン
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--:-- | スポンサー広告
昼間の矢田の大石
 2007.02.24 Sat
written by ナースマン
しんくん、よっちゃん、芝本氏が矢田の大石に来てるということで午後から参加する。
「蹄」を芝本氏、よっちゃんが2登、3登と続く。どうやら初/二段くらいらしい。
しんくんが右横の「本田ライン(仮称)」スタートから「蹄」にリンクする課題を初登する。「雀(スズメ)」一級/初段くらいですって。
俺はカチですべって指ずるむけで凹む。
動画や写真はしんくんのブログで公開されるとかされないとか。

修行じゃ修行じゃ!もっと頑張れ俺。
スポンサーサイト
19:28:53 | 矢田の大石 | comments(0)
矢田の大石研究会
 2007.02.22 Thu
written by ナースマン
ナイトで矢田の大石へ。
上TG氏、岩本氏と行く。
ものすごく暖かい夜だった。
上TG氏のホワイトガソリンランタンは強烈に明るい、一個で十分な明るさ。アップもほとんどなしに「蹄」へ。
一発目に核心へ飛び込むができない。指力が足りないんだねー。
上T氏、岩本氏は執拗に打ち込む。
指がバカになってしまったので、プロジェクトを触る。
右側の「本田ライン」スタートから左上して「蹄」に合流してトップアウトする。これもむずい。蹄跡らしきカチを使うことになるのだがスタンスがよく見えない。

23:30頃まで遊んで解散。
IMG_2125.jpg
いいぞ!いいぞ!
IMG_2131.jpg
すっぽぬけ
DSCF1054.jpg
はい、後ろから
IMG_2137.jpg
で~か~す~ぎ~
IMG_2140.jpg
や~り~す~ぎ~
IMG_2142.jpg
ヌン!(ムーブ解説)
IMG_2143.jpg
トゥエッヘーイ!ンフー!(ムーブ解説)
23:50:50 | 矢田の大石 | comments(2)
矢田寺祭り
 2007.02.15 Thu
written by ナースマン
東氏、岩本氏、上TG氏、芝本氏、かご氏でナイト矢田寺をする。
前日の雨でだめかとおもいきやカーリカリ。

既存課題をみんなでわっしょいわっしょい登る。
IMG_2084.jpg
東氏のペット(踏みつけるとキュイーと泣く)
IMG_2089.jpg

IMG_2092.jpg

プロジェクトを東氏が一撃目にして仕上げる。すごい。
課題名は「蹄(ひずめ)」グレードは二段。
初/二段なんてせこいこと言わずに二段でいいじゃん。
IMG_2096.jpg

IMG_2097.jpg

IMG_2099.jpg

IMG_2101.jpg

IMG_2103.jpg

IMG_2105.jpg

IMG_2107.jpg
義理チョコを囲んで休憩
IMG_2108.jpg

IMG_2109.jpg

IMG_2110.jpg
芝本氏は前回と同じところを再びズルリンコで指を負傷。
IMG_2085.jpg
アーバンクライマー岩本氏は片時も携帯を離すことはできません。
IMG_2086.jpg
先物でトウモロコシを大量に買い付けたようだ。

この課題むずい。んで面白い。しばらく矢田通いは続きそうである。
23:22:34 | 矢田の大石 | comments(3)
 2007.02.14 Wed
written by ナースマン
http://www.youtube.com/watch?v=SyuOSQmfTik
21:14:02 | 暇つぶし動画 | comments(0)
豊田ボルダー
 2007.02.12 Mon
written by ナースマン
日、月と一泊二日豊田に行って来た。
初豊田だったので嬉しかった。
刈谷SAで「デラックストイレ」を撮影しようとカメラを向けたが、SDが入っていないことに気づく。思い出喪失体験。

奈良組、東京組、熊野組で遊ぶ。
初日の大給城跡は噂の「ポールポジション(以下チンポジ)」をする。なんとまあハイボル。怖かったが有名な課題が登れて嬉しい。
岩本氏、やーさん、水野氏も登れて皆幸せ。
よっちゃんの「チンポジ」フラッシュには一同あぜん。

「鯉のぼり」は不細工な鯉のぼりムーブになる。この課題ちっとも面白くない。
「ダイヤモンドスラブ」は風が強くて登れなかったことにしておくと都合がいいでしょう。

夜はバンガローでキムチ鍋、しんくん、やーさん、ずっか氏がしつこく飲み続ける。ずっか氏はかなり「男塾」に詳しい。俺も自信あったけどかなり手ごわい。もう一度読み直す必要があると思った。

いつもそうだが枕が違うと眠れない。熟睡感のないまま起床、前日の鍋でオジヤをする。鍋って安上がりね。

二日目は芝本氏、上TG氏、東氏、大ちゃんカップル、田中氏が合流でものすごい群れになる。
ぞろぞろ「シロップ」の順番待ち。最後のガバが気持ちいい。
「大当たり」をしにいくがハイボル。さあ乗っこそうかというところで立ち込むがホールドがない。高い。怖い。飛び降りました。
あんなもん登らんでよし。

「シュントラ」をしに大移動。ダイクを左上する課題。しんくん一撃。
そのうちヨレてきてチーン。右横の「はしご」も同グレードらしいがSINくん、東氏、しんくんらでドハマリしてチーン。中指に結晶一粒なんて理不尽な初段ね。

最後は駐車場で輪になって一本締め。パーン。 パンパン!スパン!スパン!

総じて豊田は指に悪い、ハイボル多し、その反面、内容が濃いような感じで結構素敵。指皮なくなるから俺には日帰りがぴったりかしら。
22:18:56 | 豊田 | comments(3)
矢田の大石
 2007.02.08 Thu
written by ナースマン
矢田寺へ岩本氏、東氏、芝本氏でナイトしにいく。
小雨が降ったり止んだりでヒヤヒヤしたもんだ。

芝本氏のランタン追加でさらにライトアップされて幻想的な光景。
早速打ち込むがこないだほどホールドがぴったりこない。げきむず。

早々に芝本氏の指がズルムケ血まみれになってリタイヤ。
IMG_2058.jpg

IMG_2059.jpg

IMG_2060.jpg

IMG_2063.jpg

IMG_2069.jpg

東氏が最終点だと思われるところへ到達したが、そこからがまた核心の始まりだったようである。
IMG_2064.jpg

IMG_2071.jpg

IMG_2076.jpg

IMG_2068.jpg

IMG_2077.jpg

結局、完登者なし。
カチがメインで何回もトライできません。
岩のテッペンからホールド確認をする。まあスラブ、最後にスラブ。
最悪極まりない。

晴れた日に一日潰して訪れる価値(カチ)のある場所かも。プロジェクトは4本もある。
23:52:07 | 矢田の大石 | comments(4)
笠置
 2007.02.04 Sun
written by ナースマン
久しぶりに笠置に行ってきた。
そう、一週間ぶりに。

OCS軍団と滋賀軍団が来ていた。

矢田の件で指皮がアップで即効なくなってしまう。
「すぐる」のことで東氏と新たな気づきがあった。
問題は2手目からの足ブラの件。
インナーマッスルに走る電撃。
つらいのでまた次回で。

「登り方忘れました」は一生無理だと思っていたが、さすが2月にもなると食いつきます。
「ようやく登れました」

「本家笠置」は頼りにしていた結晶がなくなっておりました。
おかげさまでのぼれませんでした。
芝本氏の限定課題をする。股関節がおかしくなるくらい伸びて立ち込めない。答えは足首の向きでした。左向きを右向きにしたら上がっていくのです。バランスが「命」だったわけ。
IMG_2048.jpg
上TGT氏の「命」
IMG_2045.jpg
東氏撮影の「ごみ箱」
IMG_2042.jpg
本家笠置さん
20:29:36 | 笠置 | comments(0)
 2007.02.03 Sat
written by ナースマン
http://www.youtube.com/watch?v=g3gqee7dhcU
19:15:04 | 暇つぶし動画 | comments(0)
ナイトで矢田の大石
 2007.02.01 Thu
written by ナースマン
四時すぎに学校終わって半に矢田の大石に向かう。
駐車場で東氏と合流、大石にて本田氏と合流。

まだ日も沈んでいなかったので快適にアップする。
右端の4級を登る。
IMG_2000.jpg
本田氏がついにRP。

つづいて少し左の3級はカチが楽しい課題。
そしてそのまた左のスラブを東氏があっさりトップアウト。
続いて俺も完登。かなり高くて怖いが2/3級くらい。

そしてお目当ての左面中央のプロジェクト。
右手スタートホールドが即効剥離でパー。
IMG_2002.jpg
嘆く東氏

もうだめかと焦るが、少し下にものすごい悪いアンダー発見。
何とか離陸可能となりトライ続行。

IMG_2015.jpg

IMG_2021.jpg

IMG_2022.jpg

IMG_2024.jpg

IMG_2018.jpg


ガビガビの一手目も結構丸くなってきて指に優しくなってきた。
徐々にムーブも固まって手数が増していく。
IMG_2010.jpg
ちょっとコーヒー

本田氏が帰宅して、怖い暗闇を一人で歩いて芝本氏が9時頃から参加。
IMG_2028.jpg

IMG_2032.jpg

芝本氏がとんでもなく遠いクロスを決めて核心を通過した。
トップアウトを目論むが良いスタンスが見当たらず断念。
この上のマントルを返して2メートルほど登ればおしまいだが、どんなムーブになるかは不明。

10時半に下山。
また行くぞと心に誓う三人でした。


23:41:30 | 矢田の大石 | comments(2)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。